消費者金融と貸金業者

消費者金融と貸金業者

賃金業者と消費者金融には違いがあるのかというと実は違いが殆どありません。

 

どういうことかと言うと、賃金業者とは貯金による貸付原資を調達する銀行と比べると賃金調達を銀行からの借り入れやほかの金融市場で行う別名ノンバンクと言われているものです。

 

ノンバンクの一つの事業形態として消費者金融があるということです。会社や個人に融資する業者のことを総称して賃金業者というのです。

 

消費者金融業者の他にも事業者への貸付をする事業者金融、クレジットカードによる金銭貸付、抵当証券業などいろいろな種類があります。
そのなかの一つである消費者金融業は個人への貸し付けを行っている主にサラリーマンを対象とした賃金業者であることからサラ金とも呼ばれています。

 

サラ金と聞くとあまり良いイメージを持たないかもしれませんが、全部が全部闇金ではありません。

 

しっかりと怪しい点がないかなど確認し、信頼のある業者から借りるようにすればドラマのようなことにはならないので安心してください。

 

ただし、計画性もなくやっていると多重債務に陥る可能性もあるので、注意して借りるよう心がけてください。